1. ホーム
  2. 精力アップ方法
  3. ≫精力増強で運動するなら自転車がオススメ!サドルの高さが重要

精力増強で運動するなら自転車がオススメ!サドルの高さが重要

Pocket

現在、日本の30歳以上の男性は、3人に1人はEDと言われています。

ED人口:1,000万人

と呼ばれる時代です。

勃起不全治療薬「バイアグラ」も発売されてより注目度が集まりました。

そもそも、EDを誤解している人はかなりいます。

今、注目されているのが、自転車を使った方法です。

ただ、自転車に乗ればいいというワケではありません。

ペダルを漕ぐことで、血液の循環量を増やす事が大切です。

自転車を使った方法とは

クロスバイク

脈拍が1分間に90程度の遅い速度から始め、一週間後に+10の速度で行います。
苦しければ前週の速度に落とします。

時間は1回 15〜30分

回数 1週間に3〜4回

目標心拍数は1分間に130

目標到達後はその心拍数を維持します

室内トレーニング用のエアロバイク。クロスバイク。ロードバイクなど

実際に、実践した人のお話

50歳過ぎても毎日朝立ち。フェロモン満載の秘訣は、自転車だった

53歳になった今でも、毎日朝立ちしています。
同じ世代でこんなに朝立ちしている人は、ほぼいません。

何なら、日曜日のお昼、うたた寝していた時ですら、勃起しています。
自分でもびっくりです。

実際、セックスしても20代以上に持久力があります。

でも、30代や40代は、完全に早漏。
挿入して3コスリ半ぐらいじゃないか!

と思うぐらいです。
でも、今は、毎日自転車に乗っています。

そうして運動する事で、今となっては5,6時間は勃起しています。
自分でもどんだけ元気なんだ、と思うぐらいです。

そんな話を会社や取引先でしていると、私の周りも感化されて、自転車に乗り始めました。
そうして、実際に乗り始めた人たちは、同じぐらい元気になっています。

実際に自転車に乗ると、有酸素運動がしっかりと出来ます。
有酸素運動は、脳や全身に酸素をしっかりと行き渡らせるので、頭の中がスカッとクリアになります。

細胞がどんどん活性化して、若返る働きがあります。

そうすると、話し方や生活スタイルも変わってきて、全身からフェロモンが満ち溢れてきます。

50歳になった今でも、飲み屋に行くと、30代ぐらいの女性から話しかけられる事も多いです。

自転車に乗る時の注意点「サドルの高さ調節」

サドル

ここを忘れてはいけません。
サドルの高さをしっかりと調節しましょう。

片方の足のつま先をペダルにのせ、足を伸ばした状態でサドルに座ります。

ペダルにのせた足側の腰がずれない高さに調節してください。

サドルの位置が低すぎると、足の回転効率が悪くなります。
しっかりと漕いだ時にパワーがペダルに伝わる位置が重要です。

膝も悪くするかもしれませんので、ここは入念にしましょう。

ギア付き、最近流行りのクロスバイク、ロードバイクがオススメです。

1分間に100〜120回展で最低1時間は走り続けてください。

あと、普段走る時間がなかなか取れない、という人は、通勤に自転車を使う方法もあります。
また、ダイエットにも効果的です。

しっかり走っている人は、細い人が多いです。
ただ、太ももは太くなります。

トップに戻る クラチャイダムゴールド効果ガイド

Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。